最終日も朝食は「メインダイニング シーホース」でモーニングブッフェ。
絶品の伊勢海老のビスクをおかわり。

帰宅に向けて中部国際空港へ移動中に、名古屋で乗り換えの合間に昼食。

  

帰宅に向けて中部国際空港へ移動中に、名古屋で乗り換えの合間に昼食。
名古屋駅のすぐ隣、名鉄百貨店「みそかつ 矢場とん」さんへ。
15時頃の訪問でも、店内は観光客や地元のみなさんで大賑わい。

オーダー
ひれとんかつ定食 1,600円+税

柔らかな豚のヒレ肉。
やや甘みが強めな味噌ダレは、タップリとかけられて意外としつこくない味わい。
トッピングでゴマの風味がよく合います。

キャベツは太めにざっくりとした千切り。

美味しくごちそう様でした!

   

鳥羽国際ホテルには大浴場がありません。徒歩5分の場所にある潮路亭という別邸に移動します。名産の真珠の成分等が配合されたパールオーロラ風呂が堪能できます。

夕食は「メインダイニング シーホース」でディナー。

真鯛と平貝のサラダ仕立て 春の装い・・・生の魚介類が苦手というのを伝え忘れました汗

優しい味わい 春キャベツのクリームスープ・・・キャベツの旨味が濃厚なスープ。美味。

伊勢海老の香ばしいグリエ めかぶ入り磯の香りソース・・・やはりプリップリな食感の伊勢海老。クリームソースは優しい味わい。

本日の鮮魚 その日のスタイルで・・・魚の名前をど忘れしました汗

パティシエ デザート・・・オレンジのムースでさっぱり。

 

          

伊勢神宮を外宮から内宮へ参拝。素晴らしい景色と佇まい。
最高気温8℃と寒かったですが、神社好きにはたまらない経験でした。

        

参拝の後は、おかげ横町
今回は三重県出身の方が一緒だったので、おすすめを色々と紹介してもらいました。

うどんや ふくすけ」
伊勢うどん 500円
噂に聞いていた通りのやわフヤな噛みごこちで、舌でふっと切れる程の柔らか具合。
これが意外と美味しい!
うどんはコシは命だと思っていましたが、ふわふわな食感もありです。
醤油ダレの色は濃いめですが、塩梅よくコクがあり優しい味わい。

香煙香味 酉一 本店
とりかわ・・・甘めに味付けされ、パリッと焼かれて香ばしい。
スターポテト・・・どーんと長く生成されたポテトフライ。食べ応えがあります。
両品ともにビールが進みます。

松阪牛の肉まん」を立ち食い。

 

おかげ横町の店舗が16時頃に閉店しだしたので、食べ歩きを断念。
外宮の出口近くの居酒屋「うなぎ丼・松阪牛牛丼 丼どん亭」へ。

地酒 伊勢路 で乾杯。

うまき・・・うなぎがちょっと生臭くて微妙な味わい。

国産 うなぎ串・・・身がホクホクした鰻。甘めのタレがよく合います。

松坂肉牛串・・・メニューの写真とビジュアルが全く違います汗 

 

朝食は「メインダイニング シーホース」でモーニング ブッフェ。
基本的に朝食は食べいなので軽く頂きます。

~幻の~伊勢海老のビスク
伊勢海老を殻ごと使用したという濃厚な海老風味でクリーミーな味わい。絶品。

  

 

仕事の合宿で三重県へ初訪問。

中部国際空港で乗り換えの合間に昼食。
国内線と国際線の乗降場所が隣り合っていて不思議な建築構造。
レストラン街に移動し「鶏 三和」さんへ。

オーダー
名古屋コーチン たまご掛けごはん 580円(税込627円)
先に会計を済ませてカウンターに着席。

約5分ほどで配膳。
生卵かと思ったら温泉玉子でした。
とろとろな白身がちょっと苦手なもので。
メニューをちゃんと読んでませんでした汗

玉子ごはん専用昆布醤油をたらりとかけてご飯に投入。
黄身味が濃厚な味わい。
醤油も出汁感のある程良い風味。

名古屋コーチンつくね入りコラーゲンスープ・・・塩梅低めで、鶏の旨味がしっかり味わえます。

紀州南高梅はちみつ梅干・・・肉厚で酸っぱめ。美味。

美味しくごちそう様でした!

  

合宿は鳥羽国際ホテル
天皇陛下などの皇族の方々も宿泊される由緒あるホテルとの事。

シングルルームがないので、ハーバービュー・ツインでの滞在。
広めの部屋で、テーブルも広く快適にノートPCを開けます。
オーシャンビューが広がる良いロケーションです。

      

1泊目の夕食は「和食レストラン もんど岬」でコース料理。
生物が苦手なので刺身系は変更して頂きました。

前菜:本日の酒肴盛り合わせ

汁物:鮮魚と海藻の青汁仕立て

造り:鮮魚と貝の盛り合わせ・・・鰆だったかな。ホクホクと柔らかく美味。

蒸物:鯛のおぼろ昆布蒸し

焼物:伊勢海老の磯香焼き・・・プリップリな食感で濃厚な海老味。絶品。

揚物:地魚の茸包み揚げ

食事:本日の炊き込み御飯 二の汁 香の物

甘味:本日のデザート

美味しくごちそう様でした!