嫁さんのリクエストで「麺屋 169」さんへ。

オーダー
芳醇醤油そば 850円

 

煮干・鶏・貝の出汁で作られたスープは、
それぞれの旨味がじんわりと香り、塩梅控えめな醤油ダレが全体をまとめている印象。
美味。

中細ストレート麺は、小麦の風味がよくシコッとした食感。
スープを程よくまとって良い味わい。
後半、黒ニンニク、黒トリュフ、コショウで作られたというペーストを溶かせば、更に深みのあるスープに味変。いいです!

具材は、シャクッとした穂先メンマ、海苔、九条ねぎ、味付け玉子。
ローストビーフは肉味濃い目で柔らか。低温調理のチャーシューも旨し。
アサリはプリッとした食感。

美味しくごちそう様でした!

伊勢鳥羽合宿から札幌へ到着。
移動に時間がかかってしまったので、
遅めの晩御飯をいただきに「ハラガヘッタラ 永坊」さんへ。

オーダー
ラーメン 正油 650円
元気水 350円

スッキリした飲みくちの元気水。

動物+魚介に甘みを感じる正油ダレ。
表面に脂が光り、コクのある美味しいスープ。

麺は細めでシコシコ食感

具材は、柔らかなチャーシュー2枚、お麩、刻んだネギ、コリっとした食感のメンマ

美味しくごちそう様でした!

 

          

最終日も朝食は「メインダイニング シーホース」でモーニングブッフェ。
絶品の伊勢海老のビスクをおかわり。

帰宅に向けて中部国際空港へ移動中に、名古屋で乗り換えの合間に昼食。

  

帰宅に向けて中部国際空港へ移動中に、名古屋で乗り換えの合間に昼食。
名古屋駅のすぐ隣、名鉄百貨店「みそかつ 矢場とん」さんへ。
15時頃の訪問でも、店内は観光客や地元のみなさんで大賑わい。

オーダー
ひれとんかつ定食 1,600円+税

柔らかな豚のヒレ肉。
やや甘みが強めな味噌ダレは、タップリとかけられて意外としつこくない味わい。
トッピングでゴマの風味がよく合います。

キャベツは太めにざっくりとした千切り。

美味しくごちそう様でした!

   

鳥羽国際ホテルには大浴場がありません。徒歩5分の場所にある潮路亭という別邸に移動します。名産の真珠の成分等が配合されたパールオーロラ風呂が堪能できます。

夕食は「メインダイニング シーホース」でディナー。

真鯛と平貝のサラダ仕立て 春の装い・・・生の魚介類が苦手というのを伝え忘れました汗

優しい味わい 春キャベツのクリームスープ・・・キャベツの旨味が濃厚なスープ。美味。

伊勢海老の香ばしいグリエ めかぶ入り磯の香りソース・・・やはりプリップリな食感の伊勢海老。クリームソースは優しい味わい。

本日の鮮魚 その日のスタイルで・・・魚の名前をど忘れしました汗

パティシエ デザート・・・オレンジのムースでさっぱり。

 

          

伊勢神宮を外宮から内宮へ参拝。素晴らしい景色と佇まい。
最高気温8℃と寒かったですが、神社好きにはたまらない経験でした。

        

参拝の後は、おかげ横町
今回は三重県出身の方が一緒だったので、おすすめを色々と紹介してもらいました。

うどんや ふくすけ」
伊勢うどん 500円
噂に聞いていた通りのやわフヤな噛みごこちで、舌でふっと切れる程の柔らか具合。
これが意外と美味しい!
うどんはコシは命だと思っていましたが、ふわふわな食感もありです。
醤油ダレの色は濃いめですが、塩梅よくコクがあり優しい味わい。

香煙香味 酉一 本店
とりかわ・・・甘めに味付けされ、パリッと焼かれて香ばしい。
スターポテト・・・どーんと長く生成されたポテトフライ。食べ応えがあります。
両品ともにビールが進みます。

松阪牛の肉まん」を立ち食い。

 

おかげ横町の店舗が16時頃に閉店しだしたので、食べ歩きを断念。
外宮の出口近くの居酒屋「うなぎ丼・松阪牛牛丼 丼どん亭」へ。

地酒 伊勢路 で乾杯。

うまき・・・うなぎがちょっと生臭くて微妙な味わい。

国産 うなぎ串・・・身がホクホクした鰻。甘めのタレがよく合います。

松坂肉牛串・・・メニューの写真とビジュアルが全く違います汗